健康増進

沼津支社は静岡県と協働し
がんセミナーを開催しました

実施日:2018年12月20日

第一生命 沼津支社では、「沼津健診活動プロジェクト」や「高齢者見守り活動」、「健幸アンバサダー養成プロジェクト」等の地域貢献活動に取り組んでいます。静岡県は、がんで亡くなる人口あたりの死亡率が全国12位で高水準という課題を抱えており、健康増進によって地域の皆さまのお役に立ちたいという思いから、この度がんセミナーを開催、100名の方に参加いただきました。

講師としてお招きした東京大学医学部附属病院 放射線科准教授 中川恵一先生には「がん検診のススメ」という小冊子を紹介いただき、参加者ががんに関する正しい知識を持ち、今後の日常生活に活かしていけるよう、ご自身の経験を踏まえたお話をいただきました。特に、「がんを防ぐ生活習慣」と「早期発見のためのがん検診受診」をセットで実施する大切さや、多くのがんで早期発見ができれば、9割程度が完治し、「がんは不治の病」という誤った認識を改めることが大切だとのお話は参加者の胸に響きました。

沼津支社の担当エリアには、「静岡県立がんセンター」もあり、地域の皆さんががんに関する意識をもっと高めて持って欲しいとのお話もありました。

静岡県は「しずおかまるごと健康経営プロジェクト推進事業」を打ち出し、「健康経営」の考え方に基づき、企業のみでなく地域や県全体を対象に、働き盛り世代の生活習慣病予防対策・幼少期からの健康づくりを進め、県民の7割とも言われる無関心層への働きかけを強化しています。その一環として、2017年度より「健幸アンバサダー」養成プログラム実証事業に参画し、県内各市町村へ同養成講座開催を要請、健康に関する総合的かつ正確な情報を伝える「健幸アンバサダー」の増強を推進しています。

これからも、第一生命 沼津支社は、静岡県・沼津支社担当エリア内の市町村と協働し、皆さまの健康づくりをサポートしてまいります。

サイトトップへ